卒FIT
CATEGORY

卒FIT

FIT(固定価格買取制度)による電力の買取期間が満了した太陽光発電は、家庭用蓄電池を導入しての自家消費が推奨されています。

  • 2021年5月13日
  • 2021年5月13日

卒FITを支えるアグリゲーターとは?FIP導入によりアグリゲーションビジネスは増々発展していく!

日本では、再生可能エネルギーの普及を加速させることを目的として2012年7月1日に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)が始まりました。2022年度よりこのFIT制度に加え、市場連動型となるFIP制度が導入されます。 国は、FIT制度に加 […]

  • 2021年4月28日
  • 2021年4月28日

卒FITで売電終了を迎えた住宅用太陽光発電は自家消費を選ぶとお得になる?全量自家消費という選択肢!

2019年11月以降、太陽光発電でつくられた余剰電力の固定価格買取制度(FIT)による買取期間が順次終了しています。住宅用太陽光発電設備を所有している一般家庭において、蓄電池を導入して自家消費に回すか、引き続き電力会社と契約して売電を継続するか迷って […]

  • 2021年4月19日
  • 2021年4月19日

卒FIT後のW発電は家庭の節電を促す?W発電について解説してみた

太陽光発電と蓄電池を一緒に使って、電気代を節約しつつ収入を増やしたい。固定価格買取制度(FIT)で売電収入が目的で太陽光発電設備を導入した人であれば、そう思うのではないでしょうか。例えば、夜間の電力が安くなるプランを契約し、その電力を蓄電池に貯め、電 […]

  • 2021年4月15日
  • 2021年4月19日

卒FIT後の選択肢を提案する資源エネルギー庁とは!あなたはどっちの選択肢を選ぶ?

資源エネルギー庁は2019年11月1日、固定価格買取制度(FIT制度)による電力買取期間が満了する住宅用太陽光発電設備を対象とした、余剰電力買取サービスについて、手続き方法や買取期間満了(卒FIT)後の選択肢など、今後注意すべき事項について制度に関す […]

  • 2021年2月3日
  • 2021年4月19日

卒FIT後どうする?卒FIT後に取るべき選択肢とは?徹底解説してみた!

FITと卒FITとは 再生可能エネルギーのFIT制度とは、太陽光、地熱、水力などの再生可能エネルギーを用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定期間地域指定電力会社が買電することを義務付ける制度です。電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際にか […]

  • 2021年2月2日
  • 2021年4月19日

卒FIT後は自家消費すると電気代削減になる!賢い卒FIT後の選択肢

2019年からどんどん出始めた卒FIT。家庭用と産業用では年数が異なります。卒FIT後の行動により、今後の電気代削減や環境問題への取り組みが変わってくると言えるでしょう。卒FITとは一体何なのか、終了後の選択肢は?そして自家消費とは?今回は卒FITと […]

  • 2021年1月6日
  • 2021年4月19日

蓄電池を後付けするのに必要な届出とは?補助金の申請をすると安く導入できる

太陽光発電と蓄電池を組み合わせると停電時に普段通りの生活ができ、日中発電した電力を夜に回して、電気会社からの電力を節電できるメリットがあります。余剰した電力を売る事も可能ですので、太陽光発電を設置している家庭で、蓄電池を同時に設置しようと考えている人 […]

>蓄電池の未来をデザインするサービス

蓄電池の未来をデザインするサービス

蓄電池コンシェルジュは、蓄電池を購入しようとお考えの方々に、蓄電池を活かした暮らしをするための上質なコンシェルジュサービスをご提供しております。再生可能エネルギーに理解のある方々にご利用頂くことが「脱炭素社会」実現へのカギとなります。蓄電池コンシェルジュは、文化的、社会的資産を後世に引き継ぎ、社会的責任としての取組みのみならず、日本の人口減少と地球温暖化の危機を救うためのお手伝いをさせて頂いております。

蓄電池コンシェルジュは皆さまの人生をより豊かにする蓄電池をご提案させて頂きます。皆さまのご利用を心よりお待ち申し上げております。

蓄電池コンシェルジュ代表
根上 幸久

CTR IMG